食中毒対策で比較

食中毒対策で比較

■ポイント
ラクトフェリンを使って食中毒対策をしたい方もいるでしょう。小さな子どもがいる家庭、お年寄りがいるお家などは、免疫力が低下した人にラクトフェリンサプリはおすすめです。同じ物を食べても人によって食中毒の症状が変わるのも、本人がもともと持つ免疫力なのです。子どもはまだ免疫力が不十分で、高齢になる程低下する傾向があります。

 

・ 森永乳業
ノロウイルスなど食中毒対策として研究が盛んなのは、森永乳業です。子どもを使用した研究に、森永乳業の乳製品を提供したもしており、しっかりとデータを出しています。ラクトフェリン入り乳製品を食べたグループは食中毒になる割合が少ないだけでなく、万が一なってしまっても症状を軽くすることがわかっているのです。森永乳業は熱に弱いラクトフェリンを、安定した形で抽出する技術にて加工食品をつくっています。

 

・ 小林製薬
小林製薬からもラクトフェリンサプリメントが販売されています。食中毒対策として売られているわけではありませんが、1日あたり150mgの配合量のため、十分使うことはできるでしょう。製薬会社が販売していることから、何となく心理的な面で良い作用をもたらすかもしれません。プラセボで病気が治るともいいますから、製薬会社のサプリメント効果は人によっては高いかもしれません。