子どもで比較

子どもで比較

■ポイント
ラクトフェリンはウイルス対策、食中毒対策、風邪予防にも使えるため、子どもにも飲ませたいと考える方もいるでしょう。しかし、子どもの場合は味気ないサプリメントを飲んでくれないものです。味が付いて食べやすいもの、ミルクに配合しているものなどは、子どもに利用しやすいでしょう。

 

・ ミナト ビフィズス100億+ラクトフェリン100
さっと溶ける顆粒タイプで、分包になっているため持ち運びが便利です。ビフィズス菌は100億個も配合されており、ラクトフェリンは100mg、オリゴ糖が700mgとお腹の健康を総合的にサポートできます。牛乳に混ぜてあげるなど、飲みやすい方法を試すことができます。

 

・ DHC ラクトフェリン
安価でヨーグルト味が付いているため、子ども用として買う方も多いようです。食べられるトローチタイプですから、子どもの口に入れてあげれば口腔内のウイルスや細菌を減らす効果が期待できます。風邪をひいたかな?と感じたら食べさせてあげると良いでしょう。コンビニやドラッグストアなどでも手に入りやすい商品です。

 

・ 森永乳業 はぐくみ
森永乳業は日本ではじめて粉ミルクにラクトフェリンを添加したメーカーです。はぐくみは母乳に近づける栄養素となっており、母乳育児と人工乳を組み合わせるママや、働くママなどにも利用されています。